新しい歯科矯正「インビザライン」

最近ネットや女性誌で「インビザライン」と言う言葉を目にする方も多いですよね。新しい歯科矯正方法ですが、ワイヤー不使用で脱着の自由があると言う事で特に若い女性の間で人気を呼んでいます。従来の歯科矯正と言えば「痛い」「醜い」がつきものだった時代は終わりのようです。矯正はしたいけれどあのワイヤーをつける事に抵抗感を覚えた方も多いのではないでしょうか。「インビザライン」は取り外しの出来るマウスピースを使っての矯正になります。接客業で仕事中は外したいと言う人にはぴったりの方法ではないでしょうか。ただし自分で脱着が出来るからこそ、ついマウスピースを外してしまってなかなか治療が進まないと言う話も少なくないようです。もともとは歯科矯正大国、アメリカで生まれた方法でマウスピースは完全オーダー制でアメリカの会社に受注するので初診から実際に装着するまで最低一か月はかかります。今のところこの施術を行う歯科クリニックは限られていますが、これからはどんどん増えていくのではないでしょうか。

目立たず矯正ができるインビザライン

歯並びが気になるが、矯正器具にも抵抗がありなかなか矯正治療に踏み込めないという方が多いかと感じます。そんな悩みを解決する矯正治療がインビザラインです。こちらは針金器具を装着することなく矯正治療が可能となります。分かりやすく言うとマウスピース矯正となります。矯正治療の開始前に、レントゲンなどで細かく計画を立て、通院毎にマウスピースを変えながら矯正を行います。マウスピースの為、取り外しが出来る点、目立たない点は、これまでの矯正治療と大きく違う所です。ただし、自身の管理も必要となる為、常に装着することができなければ、なかなか矯正もできません。また針金治療よりも若干時間がかかる場合もあります。しっかりと自己管理が出来る方や、仕事の関係上、どうしても針金を装着できない方にとってはとても都合の良い矯正治療法だと言えます。

成人矯正に最適なインビザライン

大人になってから歯並びやかみ合わせの矯正をすることを「成人矯正」といいます。最近は歯列矯正に使用する装置が進化したことにより、社会人になってから成人矯正をする人が急増しています。昔はワイヤーとブラケットを使ってするワイヤー矯正が一般的でした。ワイヤー矯正は丈夫でどんな歯並びにも適用できるというメリットがありますが、目立ちやすいので審美性に劣るのがデメリットです。しかし、最近は目立ちにくい「インビザライン」があります。インビザラインはマウスピースを使って行う矯正のひとつです。マウスピースは透明で薄いプラスチックでできていて、しゃべったり食事をしたりしても他の人に気づかれないので、こっそり歯の矯正ができます。ワイヤー矯正に抵抗がある人でもインビザラインなら社会社会生活に支障なく矯正することができます。

インビザラインが50万円、都内随一の低価格です! ハーフリンガル(上だけ裏側矯正)で他院の表側矯正と同じ位の費用です。裏側矯正は大変お得になってます。 こだわりの矯正治療を都内でもトップクラスのお手頃価格で行います。審美治療、インプラントも低価格です。 矯正の治療費が他院の半額~3分の2程度です。 矯正治療だけでなく、審美治療、インプラントなど総合的に診療が可能です。当院だけで治療が完結します。 インビザラインで目立たない歯科矯正